スマホのMicroSDカードが壊れたので買い替えた

家電・ガジェット

Androidのスマホで使用している64GBのMicroSDカードが壊れました。
一つ前のスマホの機種変更の時に使い始めたので、既に6年が経過していました。

スマホで使っているMicroSDカードは、主にスマホカメラで撮影した写真や動画、サブスク音楽配信サービスの音楽ファイルのローカルの保存先。内部メモリの保存領域を圧迫しないために使用しています。

今年に入ったあたりから過去にスマホカメラで撮影した写真、特に撮ってから2~3年経過している写真の破損が目立つようになりました。これではスマホで撮った写真が記録できなくなる危険性もあるので、MicroSDカードを買い替えました。

スマホカメラからの直接の保存先

写真のデータ破損は画像の下半分や左側の色がおかしくなったり、画像内でズレが起き
る形で現れました。念のためスマホのMicroSDカード上のファイルをバックアップして、余っていたTOSHIBAの64GBのMicroSDカードに交換しました。

写真や動画は全てOne Drive(以前はGoogle Photo)に同期して自動バックアップしてあるので、MicroSDカード上のファイルが後から破損・消失しても大きな被害はありません。しかし、撮影した写真や動画が最初に直接保存されるのがMicroSDカードなので、正しく記録できないと最初から壊れた写真データがバックアップされることになります。

破損が起きたMicroSDカードを最近入手した中古タブレットでフォーマットしてみます。フォーマットできたかどうか怪しい動きですが、そのままにしていると「SDカードが破損しています」のアラートが出てしまいました。PCでのフォーマットも試しましたが完了することはありませんでした。

実はMicroSD/SDカードは消耗品

MicroSD/SDカードは実は消耗品とも言われていて、一定回数以上の書き込みを繰り返すことで、記録用の素子が少しずつ劣化します。スマホは毎日の様に何枚も写真を撮影して書き込みをしているので、年単位となれば大変な回数となります。

寿命があると言われ、使用頻度によりますが2~3年程度で交換が必要とされてます。私が記憶する限りは過去に使用開始から5年以内に破損が起きたことはありませんが、頻繁に書き込みが行われる環境では1年半程度で書き込みエラーがで起き始めることもある模様。

今まで使用していたMicroSDカードはTeam Group Inc という台湾メーカーのもの。スマホも2台続けて台湾のモノを使用しているので、品質面では台湾製であることに不安や抵抗はありません。今回は5年以上も使えたので、十分性能を発揮したと言えるでしょう。

https://amzn.to/3yuA6vD

新しいMicroSDカードはKIOXIAを選定

すぐに新しいMicroSDカードを注文。今回はKIOXIAのEXCERIA CLASS 10 UHS-1(海外パッケージ)を楽天のSPDで注文。海外パッケージなので、実質並行輸入品で一般的な長期保証などは利かないと思います。

しかし、878円(税込)と価格が随分安い!

KIOXIAは新しいブランド名で耳馴染みがないかもしれませんが、社名はキオクシア株式会社でれっきとした日本のメーカー。旧社名は東芝メモリ株式会社で2019年10月に社名変更したもので、今でも東芝が筆頭株主の会社です。

もともとは東芝本体の主要事業であった半導体メモリ部門だったのですが、他部門が引き起こした経営不振によって切り離された会社。ブランドとしての信頼性は十分です。

SPD楽天市場店から購入

SPDの楽天店からは、以前にSanDisk製の64GBのMicroSDカードをGo Pro 7用に購入。その時も海外パッケージのものを選びましたが、安い上に注文した1-2日後には届くので、MicroSD/SDカードやSSDを購入する時はアマゾン以外に必ずチェックしてます。

届いたKIOXIAのMicroSDカードは鮮やかなブルーのパッケージ。簡体字の中国語が表記されているので、今回の海外パッケージは中国市場向けのモノの様です。製造は「Made in Taiwan」なので台湾製です。

スマホに挿して使ってみると、動きが今までよりも速く感じます。それもそのはず。以下、手持ちのMicroSDカードの最大読込速度の比較です。

  • TOSHIBA [読込速度:40MB/S]
  • TEAM GROUP [読込速度:80MB/S]
  • KIOXIA [読込速度:100MB/S]

カメラでの撮影と書込みを確認して、問題なく使用できることを確認しました。

おわりに

今回はMicroSDカードを6年近くも使用してファイル破損が起きて初めて交換となりましたが、消耗品であるということを忘れずにもう少し早めに交換したいと思いました。近年は価格もどんどん安くなって求めやすくなってますし、少しでも怪しく感じたら買い替えをオススメします。

なお、今回壊れたTeam GroupのMicro SDカードは10年保証とのことなので、メーカーに問い合わせて保証が受けられるのかは確認してみたいと思います。その結果はまた後日記事で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました