新入学の大学生ノートPCはリフレッシュした中古リユースがオススメ

家電・ガジェット

今年の春に娘が無事に大学に進学し、本人の好きな分野を専門的に学ぶために新たに学生生活を送ってます。

新入学の学生と言えば、新生活に合わせて色々と買い揃える必要がありますが、その中でもパソコンは勉強をするための大切な道具です。

娘がまだ高校生だった数年前、古いAcerのノートPCを部品のアップグレードでリフレッシュしました。

大学が推奨するスペック上もほぼ問題なく、入学して数ヶ月はそれを使用していたのですが古いためか調子が悪くなってしまいました。

代わりにリフレッシュ済みの中古Let’s Noteを安く購入し、それが非常に良かったのでオススメなので、今回は記事にしました。

大学の推奨スペックとAcerノートPCの不調

娘が入学した大学のノートPCの推奨スペックが示されてました。

形状ノートPC
CPUIntel Core i5 (または同等)以上
メモリ8GB以上
ストレージHDD or SSD 256GB以上
OSWindows 10 Home 64bit以上
画面13インチ以上
重量1.3㎏以下
ウィルス対策ソフト
無線LAN対応、WEBカメラ、マイク、HDMI端子、バッテリー駆動時間9時間以上(カタログ値)推奨

AcerノートPCのスペック

数年前に妻がノートPCを買い替えたので、高校生だった娘用にメモリとストレージを換装してリフレッシュし、当時でも十分に使用できるものに生まれ変わりました。

スペックは以下の通りです。

機種Acer Aspire TimelineX 3830T-F54D
CPUIntel Core i5 2450M 2.5GHz/2コア
メモリ8GB
ストレージSSD 240GB
OSWindows 10 Home 64bit
画面13.3インチHD WXGA (1366 x 768)
重量1.8kg
無線LAN対応、WEBカメラ、マイク、HDMI端子、バッテリー駆動時間9時間 [発売時期] 2012年1月

細かいリフレッシュ内容は以下の記事でも確認できます。

古いノートパソコンを7,000円で高速化して完全復活
妻のプライベート用に8年前に購入したノートパソコン(PC)が、この1年ぐらいで動作が遅くなり、ストレスを感じながら使っている状態でした。何度も「買い替えたい」と言うので、実際に確認してみると以下の様な状態でした。 Wi...

しかし10年近く前の機種のため、さすがに経年劣化でバッテリーが不調となってしまいました。

バッテリー交換して使い続けることも可能ではあるけど、授業でパソコンを使って課題を期限通りに提出する必要があり、経年劣化を考えると学業用として10年前のノートPCのAcerでは心もとない

自分の学生時代を思い出すと、いつも提出期限ギリギリに課題を出してバタバタしてたし、万が一提出直前にトラブルが起きて単位の取得に影響することを考えると、まともな作業環境を用意してあげたいと思いました。

そんなこともあって、代わりのノートPCを探すことにしました。

用途と使用場面の想定

大学側で推奨するスペックがあるので、それをクリアしているものを単純に探せば良いのですが、実際に作業する場面と必要な環境を想定しておく方が無駄な出費をせずに済むと思い、購入前に一度整理しました。

授業では以下の用途が想定されます:

– 情報処理の課題提出
– オンライン講義の受講
– 授業でのレポート作成とオンラインで提出
– 発表時のプレゼン資料の作成と発表

大学側のソフト環境

入学と同時に、大学側からMicrosoft Officeの教育機関向けのライセンスが各生徒に配布されました。

Word、Excel、Powerpoint、One Noteなどを含むOffice365製品が使用できる環境で、それらのアプリで作業したファイルは大容量クラウドストレージのOne Driveに保存できます。

大学の情報処理の授業では、Office365の基礎的な使い方などを課題を通してパソコンのスキルを習得し、提出はオンラインで行います。

同時に大学のオンラインシステムにログインして、授業ごとの講義予定やお知らせが確認でき、レポートや課題の提出もファイルのアップロードが行えるようになってます。

なお、ウィルス対策は自宅でマカフィーリブセーフの台数無制限ライセンスを持っているので、それをインストールすることにしました。

ノート代わりにはタブレットを使用

一昔前は授業のノートを取るのにノートPCを使用する学生もいましたが、モバイル環境としてノートPCを持ち歩くのは重くて邪魔です。

娘が入学した高校は幸いICT教育が導入されており、入学時にタブレットの購入が必須でした。

その際に、第6世代のiPad 9.7インチ 128GB (MR7J2J/A)をApple Pencilをセットで購入
発売から4年以上が経過した機種ですが、今でも十分に使用できる状態で、娘も高校3年間にタブレットを使用して授業ノートを取ることにすっかり慣れました。

日々の大学の授業ではiPadを使ってノートを取って、タブレット用のOffice365をインストールすれば簡易的なレポート作成も可能です。

[まとめると]
– 普段の学校で持ち歩くのはタブレットで十分
– ノートPCは基本的に自宅作業用、たまに持ち歩く程度
– 動画編集やコーディングなどの処理が重い作業はほぼ皆無

個人的にはノートPCは中古品の購入で節約して、日々の授業での使用にはタブレット・スタイラス・小型キーボードを揃えた方が便利だと思います。

ただし、iPadを含めてタブレット用のOffice365は作業性が高いとは言い難く使いづらいので、ゴリっとした作業はノートPCで行う事を前提に考えた方が良いでしょう。

中古ノートPC探しと選定

用途や使用場面を一通り想定して整理ができた時点で、以下の条件を設けて商品探しを始めました。

– 大学の推奨スペックをクリアする
– ストレージはSSD一択(すぐ起動できるため)
– 作業性を考え、解像度はフルHD(1980 x 720)以上
– たまに持ち歩くことを考えて軽くて頑丈なものが望ましい
– 中古品でも品質/信頼性はある担保された方が良い

– Officeソフトは不要(何らか付属されてる中古品が多い)

また、避けたい条件も以下の通りとしました。

Windows 11 インストールの個体は選ばない

正式に動作保証されてない場合も多く、自分も使用経験がないので娘に使い方を聞かれてもアドバイスできない

Windows10は2025年10月まではサポートが約束されているので、それまでは3年以上問題なく使用ができる。

オークションでは探さない

自分が2台目のサブ機として使用するならオークションやフリマアプリで探して個人間取引で購入しても良いが、最終的にどんな商品が入手できるかが見えず、保証がないものはリスクが高すぎると思います。

商品の探し方

前述したスペックや条件の整理をしたら、そこから3-4日間は空いてる時間を使ってアレコレと探して相場感を把握しながら、目ぼしい商品をお気に入りリスト(ウィッシュリスト)に放り込んで行きます。

コンディションの良し悪しや相場などは販売中の商品をある程度は見てからでないと、買っても良いかどうかの判断がつきません。

中古品というのは基本的に一点もので、探すときは少し根気が必要なのです。

ただし、同じ条件の商品が複数台売られてることもあります。
例えば、法人向のリース品が期限を迎えリース業者からまとめて引き取り、リフレッシュして再販している中古PC業者も多いので、同じものが複数台の在庫として売られていることがあります。

それが探している条件と合致すればラッキーです。

そして中古PCを探す場所としては以下の店舗がオススメです。

楽天のリユースPC専門店

[ショップ・インバース楽天市場店]

[パソコンショップ Be-Stock]

[中古パソコン くじらや]

[ジャンクワールド WEBSHOP]

[イオシス]

Amazon Renewed (Amazon整備済み品)

選んだのはLet’s Note

ヤマダ電機の系列会社で全国規模で事業を展開していて信頼感の高い、リユース品専門店のショップ・インバース楽天市場店から購入しました。

選んだのはPanasonic Let’s Note CF-LX6RDPVSでスペックは以下の通りです。

機種Panasonic Let’s Note CF-LX6RDPVS
CPUIntel Core i5 7300U 2.6GHz/2コア
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB
OSWindows 10 Pro 64bit
画面14インチ フルHD(1980 x 1080)
重量1.19kg
無線LAN対応、WEBカメラ、マイク、HDMI端子、バッテリー駆動時間9時間 [発売時期] 2017年1月

基本的には法人向けに売られているパソコンで、2020年3月までは新品が20万を超える価格で売られてました。

今回購入したものは推測ですが、法人向けにリース品が4-5年のリース期限が切れてリフレッシュされ、中古品として流通したものだと思います。

購入後に初期不良や不満な点があれば1週間は返品可能で、さらに自然故障については1年間保証がついていたので、安心して購入できました。

同じスペックと発売時期のパソコンをアマゾンのリユース品などを探すと\48,000ぐらいで売られていましたが、今回ショップ・インバース(楽天店)で見つけたものは\34,333(税込)で他店より安く、全品10%OFFクーポンも利用できたので最終的に¥30,900で入手しました。

梱包もかなりしっかりしたもので、メーカーの正規の修理などで使用するパソコン配送の様な箱に梱包されて送られてきました。

商品説明には程度は「良い」「外装に傷・塗装剥げがあります」とのことでしたが、本体は非常にキレイで、傷はよく見ないと分からないものばかりでした。

キーボードも「キートップに磨耗・変色があります」とのことだったが、ほとんど分かりませんでした。

また中古のLet’s Noteにありがちな電源不適合のエラーなどもありませんでした。

正直、約2年前まで20万円以上で売っていたノートパソコンが3万円ちょっとで買えてしまうのはお得すぎる!

軽くて頑丈なのが売りなので、娘も非常に喜んで使ってます。

パソコンのことが良く分からず、スペックなどを見ながら選定するのが難しいという人にはオススメしませんが、少しでも分かれば中古リユース品は本当にオススメです!

まとめ

さて、ノートPCを購入して数ヶ月が経過しましたが、週2回ほどの情報処理の課題の作業と提出、レポートの作成と提出、非リアルタイムのオンライン授業の受講などで大活躍してます。

予想通り今のところは大学にまだ一度も持って行ってないようですが、週末や連休の家族旅行に持ち出して課題の作業を行っています。

正直、今回の選定から購入をしてみて、自分用に2台目のサブマシンが欲しくなってしまいました。

それほどゴリっとしてない作業なら十分に使えるし、現在使用している15.6インチのゲーミングPCは動画編集・加工などの重い作業もできますが、2.3kgの重さなので持ち歩くのは大変です。

しかし、当面は不調となった娘が使用していて不調になったAcerノートPCのバッテリー交換など修理・調整をしてサブマシンとして再利用する予定です。

今回のような大学生だけでなく、自宅リモートワーク用や2台目サブ機に中古リユース品を安く入手するのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました